勝手に成分分析〜ニュートリプレニッシュ〜〜ディープシャンプー〜

今回はニュートリプレニッシュのディープシリーズのシャンプーを勝手に成分分析していきます。

 

成分表

ラウロイルメチルイセチオン酸NA・塩化NA・ババスアミドプロピルベタイン・コカミドMIPA・プロパンジオール・ココイルメチルタウリンNA・ジステアリン酸グリコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・クエン酸(べヘニル/オクチルドデシル/プロパンジオール)クロスポリマー・ラウリン酸ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシオウロピルトリモニウムクロリドクエン酸・ざくろ種子油・クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー・マンゴー種子脂・ラウリン酸NA・カラスムギふすまエキス硫酸NAヤシ油・オレンジ果皮エキス・・・他12種

洗浄成分・・・汚れをとる成分です。もっとも重要視しています。

  • ラウロイルメチルイセチオン酸NA 保湿作用に優れた洗浄成分、アミノ酸系、刺激 3
  • ババスアミドプロビルベタイ ババスナッツ由来、洗浄力弱め、刺激1、しっとり
  • ココイルメチルタウリンNA 気泡力高い、洗浄力高い、飽和脂肪酸、髪の補修
  • ラウリン酸 気泡力高い、飽和脂肪酸、洗浄力高い、髪の補修
  • ヤシ油 脂肪酸、洗浄力高い、髪の補修

有効成分・・・髪や肌の補修、保護

  • プロパンジオール 保湿剤
  • クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー 柔軟剤
  • グアーヒドロキシオウロピルトリモニウムクロリド 帯電防止、コンディショニング
  • ざくろ種子油 不飽和脂肪酸、髪の補修、保湿、保水
  • カラスムギふすまエキス 保湿、保水
  • マンゴー種子脂 保湿、保水、消臭、
  • 硫酸NA ピーリング剤、

気にしなくて良い成分

  • 塩化NA 増粘効果、塩ですよ塩
  • コカミドMIPA  刺激緩和・気泡剤 
  • ジステアリン酸グリコール 光沢剤
  • クエン酸 キレート剤
  • クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン 帯電防止

感想

配合成分は、前回のニュートリプレニッシュと同じです。

違うのは、表記されている順番。

このブログを読んでいただいている方はご存知だと思いますが、入っている成分の量が多い順に成分表示には記載されます。

なので、同じ成分が入っていたとしても使われている成分の量によって効果と使用感が違ってきます。

ディープの場合は、ライトよりも保湿と柔軟性をもたらす成分が50%多く入っているとAVEDAが発表していますので、その多くが「ステアラミドプロピルジメチルアミン」「ざくろ種子油」「マンゴー種子油」だと予測します。

ということで、

弱いもの(言われてみればそんな気がする?程度のことだと思いますが)・・・洗浄力、泡立ち、補修力、保水力

強いもの・・・保湿力、柔軟性

です。

 

ここでおさらいです。

保水力・・・髪の中に水を蓄える力。髪の中身が水を手放さなくする握力的な感じです。

保湿力・・・髪の外側をコーティングして髪の中から水を出さなくする膜の力的な感じです。

柔軟性・・・髪の静電気を抑えて髪同士が反発するのを防ぐことです。

 

ディープの場合は「保湿力と柔軟性」がライトよりも優れています。

コーティングが分厚くなるので重く、しっとり感も強いです。

帯電防止力(静電気を抑える力)が強くなるので、硬い髪が柔らかくなります。

 

ライトに比べるとオススメする方の幅はだいぶ狭くなり、太い髪の方や毛量が多い方に限られます。それ以外の方はちょっと重くなりすぎちゃうかな?髪が乾くのも遅くなっちゃうし。

使った方が良い方

硬毛・多毛の方

「髪がダメージして硬くなっちゃった、なかなか収まらない!」「ダメージケア用のトリートメントをしても良くならない」っていう方におすすめです。

 

使わない方が良い方

軟毛、普通毛の方

ライトの方がおすすめです。補修力と保水力が優れています。

 

おすすめする方は限られてきますが、素晴らしい効果を持ったシャンプーに間違いありません!おすすめです!

 

ではまた次回。

 

勝手に成分分析〜ニュートリプレニッシュ・ライト〜シャンプー〜

今回は、ニュートリプレニッシュ・ライトのシャンプーの勝手に成分分析です。

保湿、保水をしてくれるニュートリプレニッシュシリーズの軽くサラサラな仕上がりにしてくれるシャンプーです。

成分表

ラウロイルメチルイセチオン酸NA・塩化NA・ババスアミドプロピルベタイン・コカミドMIPA・プロパンジオール・ココイルメチルタウリンNA・ジステアリン酸グリコール・ラウリン酸・クエン酸・クエン酸(べヘニル/オクチルドデシル/プロパンジオール)クロスポリマー・クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ラウリン酸NA・ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシオウロピルトリモニウムクロリド・ざくろ種子油・カラスムギふすまエキス・マンゴー種子脂・硫酸NA・ヤシ油・・・他12種

洗浄成分・・・汚れをとる成分です。もっとも重要視しています。

  • ラウロイルメチルイセチオン酸NA 保湿作用に優れた洗浄成分、アミノ酸系、刺激 3
  • ババスアミドプロビルベタイ ババスナッツ由来、洗浄力弱め、刺激1、しっとり
  • ココイルメチルタウリンNA 気泡力高い、洗浄力高い、飽和脂肪酸、髪の補修
  • ラウリン酸 気泡力高い、飽和脂肪酸、洗浄力高い、髪の補修
  • ヤシ油 脂肪酸、洗浄力高い、髪の補修

有効成分・・・髪や肌の補修、保護

  • プロパンジオール 保湿剤
  • クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー 柔軟剤
  • グアーヒドロキシオウロピルトリモニウムクロリド 帯電防止、コンディショニング
  • ざくろ種子油 不飽和脂肪酸、髪の補修、保湿、保水
  • カラスムギふすまエキス 保湿、保水
  • マンゴー種子脂 保湿、保水、消臭、
  • 硫酸NA ピーリング剤、

気にしなくて良い成分

  • 塩化NA 増粘効果、塩ですよ塩
  • コカミドMIPA  刺激緩和・気泡剤 
  • ジステアリン酸グリコール 光沢剤
  • クエン酸 キレート剤
  • クエン酸オクチルドデシルクロスポリマー
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン 帯電防止

感想

とにかくほぼ全員に使っていただきたいシャンプーです。

髪に対する補修力、保水力。今まで扱ったことがあるシャンプーの中でNo.1です。髪が保水力が上がると驚くほど綺麗になります。使えばわかります。

ざっくりした説明はシリーズ全体の回で書いたことと同じですが、次回書く「ニュートリプレニッシュ・ディープ」よりも補修力、保水力は上だと思います。料金は高いですが、後悔は無い素晴らしいシャンプーです。

今回は、「素晴らしいシャンプー」の一言で終わらせていただきます。

勝手に成分分析〜インヴァティ メン〜

インヴァティ  メンを勝手に成分分析していきます

抜け毛予防や頭皮のタルミ予防・髪のボリューム感アップなどのエイジングケア用の製品の男性用です。

今回は、できれば最後まで読んでください。この製品は注意点があります。

成分表

ラウロイルメチルセチオン酸NA・塩化NA・ダイズ油脂肪酸メチル・ババスアミドプロピルベタイン・コカミドMIPA・ココイルメチルタウリンNA・ジステアリン酸グリコール・プロパンジオール・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・ラウリン酸・カプリル酸グリセリル・ラウリン酸NA・メチルトリメチコン・クエン酸・(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー・アルギニン・グルコン酸NA・オタネニンジン根エキス・硫酸NA・ポリアクリン酸ジメチコンPEG-8・グリセリン・カフェイン・ウコン根エキス・アンマロク果実エキス・メントール・・・・以上25種、全46種

 

洗浄成分・・・・汚れを落とす成分。非常に重要

  • ラウロイルメチルイセチオン酸NA  ヤシ核油由来、安全性高い、刺激2
  • ババスアミドプロピルベタイン ババスナッツ由来、髪と皮膚のコンデショニング、刺激1
  • ココイルメチルタウリンNA ヤシ由来、低刺激だけどしっかり洗浄、超良い洗浄成分
  • ラウリン酸 ヤシ油由来、洗浄力高いが安全性も高い(母乳にも含まれる)
  • ラウリン酸NA 同上

有効成分・・・・髪や頭皮の状態を良くする

  • ダイズ油脂肪酸メチル 大豆由来、保湿剤
  • コカミドMIPA 刺激緩和
  • プロパンジオール 髪と頭皮の保湿
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 髪の指通りを良くする
  • メチルトリメチコン シリコンです。安全性は非常に高いです。保湿。指通りを良くする。
  • アルギニン アミノ酸補給、保湿
  • オタネニンジン根エキス 代謝・結構促進。脱毛・炎症・フケ予防
  • 硫酸NA 角質除去
  • グリセリン 保湿
  • カフェイン 抗酸化
  • ウコン根エキス シワタルミの予防・保湿
  • アンマロク果実エキス 保湿・抗酸化
  • メントール 清涼感・成分の浸透促進効果

 

気にしなくても良い成分・・・・シャンプーの形状を保つための成分

  • 塩化NA 塩です。粘度を高くする為に入れます
  • ジステアリン酸グリコール シャンプーに光沢を持たせる働き
  • カプリル酸グリセリル 防腐効果。殺菌効果
  • クエン酸 酸化防止
  • (アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー 乳化剤
  • グルコン酸NA 防腐剤
  • ポリアクリン酸ジメチコンPEG-8 増粘剤
  • コポリマー 防腐剤

 

感想

インヴァティ アドバンスシャンプーとほとんど同じです。

違いとしては、

成分のちょっとした量の違い(気にしなくて良いレベル)

古い角質を除去する役目の成分が、乳酸か硫酸NAか?

メントールが入っているかどうか?

ぐらいです。

 

決定的に違うのは、

インヴァティ アドバンスは全成分で40種

インヴァティ メンは全成分で46種

この数の違いは髪のコンディショニングをしてくれる成分の数の違いです。

男性はシャンプーだけでコンディショナーを使わない人が多いので、例えは古いですが「リンスインシャンプー」的な?「チャンリンシャン」的な感じで作られています。

コンディショニング成分が多いために泡立ちはほぼゼロです。

 

男性の生活習慣に合わせて作られた髪と頭皮のためのシャンプーですね。

使い心地はクリームをつけて洗い流す感じなので、僕は全然慣れないです。

シャンプーとコンディショナーを別々に使うインヴァティ アドバンスの方が洗った感があって好きです。

良い製品ではあるので、ご興味がある男性にはぜひ試してもらいたいですね、髪のボリューム感が全く違ってきます。

 

注意!

抜け毛予防や頭皮のタルミ予防・髪のボリューム感アップなどのエイジングケア用の製品ですが、抜け毛でもう既にお困りの方にはAGAなどでお医者様に処方してもらう服用薬の方が効果的です。

次に効果が立証されているのがミノキシジルやプロペシアが入っている育毛剤。(ただし成分にどのぐらい入っているかによって効果は段違いでしょう)

その次がこの製品だと思います。

自然界由来成分でほとんどが作られており、頭皮と髪のエイジングケアが可能です。「今ある髪を元気にする」「老けないお顔のために」という目的で使っていただければ良いと思います。

 

使った方が良い方

  • 今は大丈夫だけど、今後の抜け毛が不安な方
  • 頭皮がいつも以上がある方

 

使わない方が良い方

  • 今既に抜け毛が進行していて、すぐに結果を出したい方

 

今回は以上です。頭皮のケア力ではかなりの力を持った製品です。使うと頭皮の調子がよくなりますよ!!

勝手に成分分析〜チェリーアーモンド シャンプー〜

今回は2019年2月14日に発売されたばかりの新製品チェリーアーモンドのシャンプーを勝手に成分分析していきましょう!

この製品は、2019年から新しくAVEDAのシャンプーカテゴリーで「アロマの香りを楽しんでください」っていうカテゴリーができました。髪に対してお悩みを解消する目的よりは、香りによるリフレッシュとリラックスに重点を置いたシリーズです。

このシリーズには、今回の

  • チェリーアーモンド(しっとり系のシャンプー)
  • シャンピュア(ノーマルシャンプー)
  • ローズマリーミント(さっぱり系、2019年4月4日発売予定)の3種類から構成されます。

香りに重点を置いているシリーズなので、いつもよりウンチク少なめかもしれませんが早速調べていきましょう!

成分表示

ラウリル硫酸アンモニウム・プロパンジオール・デシルグルコシド・(ヒドロキシプロピルスルホン酸NA/ラウリルグルコシド)クロスポリマー・ババスアミドプロピルベタイン・塩化NA ・アクリレーツコポリマー・ジステアリン酸グリコール・ポリクオタム-10・クエン酸・水酸化NA・アーモンド油・フィチン酸NA・BG・ヤマザクラ花エキス・フィノキシエタノール・安息香酸・ソルビン酸K・香料・・・以上20種

洗浄成分

  • ラウリル硫酸アンモニウム・・・刺激3洗浄力3
  • デシルグルコシド・・・刺激1洗浄力1
  • ババスアミドプロピルベタイン・・・刺激1洗浄力1

有効成分

  • ヒドロキシプロピルスルホン酸NA/ラウリルグルコシド)クロスポリマー・・・比較的新しい成分でコンディショニング効果、抗菌効果
  • プロパンジオール・・・保湿、殺菌
  • アクリレーツコポリマー・・・シリコン系、コーティング材、
  • ポリクオタニウムー10・・・皮膜コンディショニング
  • アーモンド油・・・保湿、浸透性が高い、
  • BG・・・保湿剤
  • ヤマザクラ花エキス・・・※抗糖化作用

気にしなくて良い成分

  • 塩化NA・・・塩、増粘剤
  • ジステアリン酸グリコール・・・パール化剤(乳白色の光沢を出す)
  • クエン酸・・・pH調整剤
  • 水酸化NA・・・形状安定
  • グルコン酸Na・・・キレート剤
  • フィチン酸NA・・・キレート材
  • フィノキシエタノール・安息香酸・ソルビン酸K・香料

感想

意外と面白いシャンプーです。

しかもAVEDA製品の中では結構お安い!

シャンプーの性能的には、シリコンなどのコーティング剤でしっとり感と指通りを良くするので、市販のシリコンシャンプーと変わらないような気もしますが。(こんなこと書いていたらすごく怒られそうですが・・・)

決定的に違うのが成分の原料に対するこだわりと、アーモンド油、ヤマザクラ花エキス!

アーモンド油に関しては、

かなり浸透性の高いオイルです。なので、シャンプーであわ立てたら少し時間を置くとオイルが髪の内側まで浸透してくれるかも!刺激も少ないのでかなり良いオイルを使っているなっていう感じで、好感度高いです。

ヤマザクラ花エキスは、

マニアックなエキスですが抗糖化作用のあるエキスです。

今までインヴァティ などで使われていた抗酸化作用とは少し違うエイジングケアになりますが、「抗糖化」重要なキーワードだと思いますので、チェックしてみてください!

※糖化とは、

酸化と同じように老化を表す言葉の一つ。

体内のタンパク質や脂質に糖がくっつき、異物として判断されて分解されてしまうこと。

怖いのは、コラーゲンやエラスチンに糖がくっつき分解され、肌や血管がダメージしてしまうので、見た目と体内の老化にとって深刻な影響があります。

 

けっこうお手軽なのにやるじゃーん!

テンション上がりました。

使った方が良い方

比較的安価にエイジングケアしたい方

明るくポップな香りで気分をあげたい方

市販のシャンプーより少しレベルアップしたシャンプーを使ってみたい方。

使わない方が良い方

けっこうご自分の髪質に悩みが多い方。他のシリーズの方が機能として優れています。

 

こんな感じです。

新作のシャンプー気分転換にいいかもです。

勝手に成分分析〜サンケアシャンプー〜

こんにちは。

今回は、サンケアシャンプーを勝手に成分分析していきます。

「sun care」直訳だと「太陽 お手入れ」

なんとなく紫外線予防シリーズかな〜と思いますね。

メーカーのカタログでは、髪にも体にも使える洗浄剤のようです。

予想されることは、髪の補修成分は少なそうな事とコーティング剤は入っていなさそうな事ですね。

さぁどんな感じでしょう!

 

成分表示

ココアルキル硫酸NA・デシルグルコシド・ラウロイルラクチレートNA・ババスアミドプロピルベタイン・ポリソルベート20・グルコン酸NA・コメヌカロウ・グアーガム・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・グリシン・デヒドロキサンタンガム・塩化NA・マルトデキストリン ・アロエベラ液汁・テリハボク種子油・トコフェロール・ヤシ油・ユチャ種子油・ヒマワリ種子油・フェノキシエタノール・・・他4種

 

洗浄成分

  • ココアルキル硫酸NA、、、、洗浄力3 刺激3
  • デシルグルコシド、、、、洗浄力1 刺激1
  • ババスアミドプロピルベタイン、、、洗浄力1 刺激1

 

有効成分

  • ラウロイルラクチレートNA、、、三番目の配置!この順番が重要です。
  • コメヌカロウ、、、保護剤シャンプーよりは化粧品に含まれることが多い
  • グアーガム、、、肌にハリを与える増粘剤
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、、、髪の指通りをよくするコンディショニング剤
  • グリシン、、、、アミノ酸の1種。補修保湿効果がある。
  • アロエベラ液汁、、、保湿
  • テリハボク種子油、、、保湿。肌の炎症を抑える
  • ヤシ油、、、ココナッツオイルの事。保湿。殺菌
  • ユチャ種子油、、、柔軟性に優れた保湿剤
  • ヒマワリ種子油、、、保湿

 

気にしなくて良い成分

  • ポリソルベート20、、、、乳化剤
  • グルコン酸NA、、、キレート剤
  • デヒドロキサンタンガム、、、安定剤
  • 塩化NA、、、塩です
  • マルトデキストリン、、、相変わらずの謎です。とにかく安全です。
  • トコフェロール、、、ビタミンE
  • フェノキシエタノール、、、抗菌。防腐剤

 

感想

このシャンプーは特徴的な成分表示の順番が2点ありました。

①ラウロイルラクチレートNA

役割:保湿作用を持つセラミドを安定させる為に使います。

順番:セラミドを安定させる為に多く含まなければなりません。成分表示三番目にあるということは、この製品が「保湿をする為に多くのセラミドを入れていますよー」と行っていることになります。高級化粧品によく見られますが、AVEDAがこの製品で本気で肌を保湿する意思の表れです。好感度◎

成分表示にセラミドの文字はないですが、多くの植物オイルの中に入っていますからご安心を!

 

②グルコン酸

普通のシャンプーより上位に表示されています。

これもこのシャンプーの特徴の一つですね。

キレート剤という金属イオンにくっついて悪さをしないようにする成分です。

海水やプールの塩素や銅による酸化を防ぐ働きがある。

よく言う抗酸化作用ですね!老けない為には超重要。

 

上記2点からこのシャンプーは、

  • 紫外線によるダメージ(乾燥)をケアしてくれる
  • お肌の保湿剤が超多い髪にも使えるボディーソープ
  • 「紫外線を予防」ではなく「海水、プールに入って肌や髪が酸化するのを防いでくれる」

 

面白いです。

超特化型シャンプー!

 

使って欲しい方

・海やプールによく入る方

・紫外線を浴びて日焼けした方

・体を洗う際、普段お使いのボディーソープで乾燥してしまうかた

・ひょっとしたら硬水の地域にお住いの方にも良い効果があるかもしれません。

 

使わない方が良い方

・紫外線にあまり当たらない

・海やプールにもいかない

このシャンプーは紫外線を浴びて、海、プールによく行く方のための物です。それ以外の方の髪にはあまりメリットがありません。他のシャンプーの方がおすすめです。

悪いことは一切ないと思いますけどね。

 

海辺でこのシャンプーを持っていたり、

サーファーの方が使っていたり、

ジムのシャワー室に持ち込む人がいたら好感度上がりますね!

地球にも優しいAVEDA製品で、ピンポイントなケアをする。

なんだか憧れるライフスタイルです。

僕も海に行こうかな〜っと思う製品です。

 

さぁ。

なんだかんだ1年かかってしまったシャンプーの勝手に成分分析

次回からコンディショナー編に突入です。

勝手に成分分析〜ドライレメディー シャンプー〜

こんにちは

今回はドライレメディーシリーズのシャンプーを勝手に成分分析していきます。

 

名前のとおり、乾燥を補修するシリーズです。

基本的にはシャンプーを使って洗浄すると髪や頭皮から油分が洗い流されてしまい

髪は乾燥しやすくなってしまいます。

洗浄目的のシャンプーで、どのように髪を保湿していくのかがとても楽しみです!

 

そして、実は私がお客様にオススメすることが最も多いのがこのドライシリーズです!

基本的には、日本人の髪はダメージを受けると保湿作用が最も失われます。

だから色々なメーカーの保湿系シャンプーは、髪を重くコーティングする成分がたーーーっぷり!

乾かなくて頭皮が痒くなるし、雑菌が繁殖して臭う。

このシリーズはそんな感じが全くないので、オススメして間違いない!って感じです。

何故なのか?

早速、勝手に成分分析していきましょう!!

成分

ラウロイルメチルイセチオン酸Na・塩化NA・ダイズ油脂肪酸メチル・ババスアミドプロピルベタイン・コカミドMIPA・ココイルメチルタウリンNA・プロパンジオール・ジステアリン酸グリコール・カプリル酸グリセリン・ポリクオタニウムー10・ラウリン酸・オリーブ油・ザクロステロールズ・パームアミドプロピルトリモニウムメトサルフェート・グリセリン・ラウリン酸Na・クエン酸・変性アルコール・硫酸Na・グルコン酸Na・・・他5種

 

洗浄成分

  • ラウロイルメチルイセチオン酸Na・・・刺激1洗浄力2 敏感肌用
  • ババスアミドプロピルベタイン・・・刺激1洗浄力1
  • ココイルメチルタウリンNA・・・刺激1洗浄力1
  • カプリル酸グリセリン・・・刺激1洗浄力1+保湿、抗菌、防腐

 

有効成分

  • ダイズ油脂肪酸メチル・・・保湿剤
  • コカミドMIPA・・・刺激緩和
  • プロパンジオール・・・保湿、殺菌
  • ポリクオタニウムー10・・・皮膜コンディショニング
  • ラウリン酸・・・殺菌、抗菌
  • オリーブ油・・・保湿
  • ザクロステロールズ・・・保湿
  • パームアミドプロピルトリモニウムメトサルフェート・・・髪を柔らかくする
  • グリセリン・・・保湿

気にしなくて良い成分

  • 塩化NA・・・塩、増粘剤
  • ジステアリン酸グリコール・・・パール化剤(乳白色の光沢を出す)
  • クエン酸・・・pH調整剤
  • 変性アルコール・・・可溶剤
  • 硫酸Na・・・この順位だと増粘目的です
  • グルコン酸Na・・・キレート剤

感想

今回は、AVEDA製品には珍しい25種類

短い成分表示も特徴ですね!

内訳は、

  • 低刺激な洗浄成分
  • 保湿剤
  • 殺菌成分

ほぼこれだけ。

シンプル・イズ・ベストですね!

 

コーティング成分が少ないのが保湿系のシャンプーには超珍しいです!

保湿はするけど「ベタつかない」「重くならない」

優秀です!ごまかしなし!

しかし、若く多毛な方には少し物足りない感じがするかもしれません・・・

そんな方は、シリコン入りの洗い流さないトリートメントを併用すると良いと思います。

 

そして、殺菌・抗菌成分が多いところも死角なし!

安価なしっとり系シャンプーを使って多毛の方は、結構臭うことも多いですからね〜。

結構重要です。

 

今回は、申し訳ない。

好きなシャンプーなので、最初から褒めるつもりでした。

 

  • 使った方が良いかた
  • 使わない方が良いかた

いつもこの2項目を書くのですが、今回のドライシリーズは結構いろいろな方に合います。

しかし、ダメージレメディーと迷う方が多いので迷った時の基準を書いておきます。

 

あなたの髪の状態は?

  • 髪の引っかかりが気になるor毛先の膨らみが気になる
  • 髪の色は黄色っぽく色が抜けるorオレンジっぽく色が抜ける
  • カラーもパーマも両方しているorパーマだけしている

 

以上3つの質問

先に書いた条件が多い人はダメージレメディー

後に書いた条件が多い方はドライレメディー

で判断すると良いと思います。

 

今回は、このぐらいで失礼しまっすー。

次回はいよいよシャンプー最後になりました。

サンケアシリーズのシャンプーですね!

また、よろしくお願いしまーす。

勝手に成分分析〜ビーカーリー COウォッシュ〜

今回はビーカーリーシリーズのもう一つのシャンプー

CO-wash(コウォッシュ)について書いていきます。

 

CO-wash

何のことかと言いますと

Conditioning washの略です。

一言で説明するとリンスインシャンプーです。

 

この製品の開発ストーリーがアメリカで一時期コンディショナーを使わずに、シャンプーだけで終わらせたい。そんなシャンプーが流行った時期があったから作った!

という何ともフワッとした開発理由です。

僕的には、あまり好感は持てませんが、、、

調べれば良い面も見えてくるかもしれません。

では早速!

成分表

セテアリルアルコール・ココベタイン・ヒドロキシプロピルデンプンリン酸・べヘントリモニウムクロリド・ババス油・バオバブ種子油・ポリクオタニウム-10・タピオカデンプン・クエン酸・マルトデキストリン・アロエベラ液汁・加水分解小麦タンパク・フェノキシエタノール・ソルビン酸K・香料

 

今回は、成分表短いですねー!

調べるのはすごい楽チン!

しかしこれ、ぱっと見にも洗浄成分少ない!!

さあどうなんでしょう?

 

洗浄成分

  • ココベタイン・・・刺激1、洗浄力1、保湿効果、防腐効果

っえ!?これだけ?

 

有効成分

  • セテアリルアルコール・・・保湿成分

これが表示の一番最初に来ます!メインが保湿成分・・・。

  • ヒドロキシプロピルデンプンリン酸・・・コーティング
  • ババス油・・・保湿成分
  • バオバブ種子油・・・保湿成分
  • ポリクオタニウム-10・・・コーティング
  • クエン酸・・・アルカリを中和
  • アロエベラ液汁・・・保湿効果
  • 加水分解小麦タンパク・・・補修、保湿効果

 

気にしなくて良い成分

  • タピオカデンプン・・・増粘剤
  • べヘントリモニウムクロリド・・・帯電防止、抗菌効果
  • マルトデキストリン・・・謎です、経口摂取しても大丈夫な成分なので問題はありません
  • フェノキシエタノール・・・抗菌効果
  • ソルビン酸K・・・防腐剤

 

感想

これは〜

えっと〜

トリートメントです!

シャンプーだと思わないでください。

 

かなりデリケートなお肌の方にも安心して使えるトリートメントにほんのチョピっとだけ洗浄力を持たせたトリートメントです。

絶対に泡立ちません!

 

使った方が良いかた

  • 超デリケートなお肌の方
  • 超ダメージしやすく細い髪の方
  • ご年配であまり皮脂が出ない方

 

使わない方が良い方

  • 上記で書いた人以外

 

誤解されそうなので、ちゃんと書きますが、良い製品だと思います!

すごく良い成分で髪を保湿・補修してくれます。

 

僕自身が使うんだとすれば、キャンプや登山。

お風呂はあるけど山岳地帯は下水処理施設が整っていないので石鹸は使えません。そんな状況で、少しでもスッキリしたい。

この製品なら環境負荷も少なく泡立ちもないので使えるかもしれません。

が、そんな場所では使わないでくださいね!

少しでも自然環境に負荷を与えない方が良いので。

 

ご年配の方や、髪がすごく細く切れ毛が多い方には超おすすめです!!

髪に負担は絶対にかからないシャンプー?と言っても良いと思います。

だけど、皮脂や汚れを落とす力はあまり期待できませんので、普通の方はご使用をお控えください。

 

うん。

まあ、「こんな幅広いラインナップで色々なお悩みに対応できますよ!」

そんな製品です。

では、また次回!!

 

勝手に成分分析〜ビーカーリー シャンプー〜

今回は、ビーカーリーシリーズシャンプーを解析していきたいと思います。

 

このビーカーリーは英語表記だと「be curly」

Google翻訳だと「ひざまずく」になってしまうのですが、、、

おそらく「カールする」っていう事だと思います、、、

私、英語は赤点常習だったのでご容赦ください。

 

パーマを長持ちさせる効果があるシリーズです。

実際使ってみるとしっかりパーマの角が立ってくれるので、

綺麗にパーマが見えてくれます。

なんでなんでしょう?

調べていきましょう!!

成分

ココアルキル硫酸NA・スルホコハク酸ラウレスNA・ババスアミドプロピルベタイン・ジステアリン酸グリコール・ガラクトアラビナン・パームアミドプロピルトリモニウムメトサルフェート・グリセリン・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・デヒドロキサンタンガム・ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コーンスターチ・マルトデキストリン・変性アルコール・グルコン酸NA・塩化NA・ポリソルベート20・硫酸NA・コカミドプロピルPGジモニウムクロリドリン酸・アロエベラ液汁・クエン酸・加水分解コムギタンパク・水酸化NA・他3種

 

洗浄成分(一番重要。汚れを取る効果もあるが、強すぎると髪と肌を痛める)

  • ココアルキル硫酸NA・・・・ココナッツ油由来、洗浄力強め、刺激4
  • スルホコハク酸ラウレスNA・・・洗浄力3、刺激2
  • ババスアミドプロピルベタイン・・・洗浄力1、刺激1

 

有効成分

  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・・・・手触り、クシ通りを良くする
  • ガラクトアラビナン・・・・皮膜形成
  • パームアミドプロピルトリモニウムメトサルフェート・・・髪を柔らかくする
  • グリセリン・・・・保湿成分
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コーンスターチ・・・髪の補修と保湿
  • マルトデキストリン・・・保湿効果
  • コカミドプロピルPGジモニウムクロリドリン酸・・・コンディショニング剤
  • アロエベラ液汁・・・保湿成分
  • 加水分解コムギタンパク・・・保湿、補修、保護

 

気にしなくて良い成分

  • ジステアリン酸グリコール・・・乳化剤
  • デヒドロキサンタンガム・・・材の安定剤
  • 変性アルコール・・・減粘剤(肌が弱い人はよく流した方が良い。)
  • グルコン酸NA・・・・基剤
  • 塩化NA・・・塩です
  • ポリソルベート20・・・剤の形状安定剤
  • 硫酸NA・・・今回2回目の登場ですね。なんの硫酸NAなのかが、わかりません。AVEDAに問い合わせても良いのですが、正直この順序に入っている硫酸NAだと洗浄力はたかが知れています。泡立ち目的でしょうか?私はまったく気にしなくて良いと思いますのでこのままスルーです。
  • クエン酸・・・品質保持剤
  • 水酸化NA・・・安定剤

 

感想

以外!いや納得か?・・・

スムースインフュージョンと結構似ています。

ストレートに導いてくれるシャンプーとカールを綺麗に出してくれるシャンプー。

出す結果は、真逆のようでいて過程はすごく似ています。

 

両者に言えることは、徹底した保湿!

洗い過ぎないこと。

保湿剤をしっかり入れること。

 

違うところは、

スムースインフュージョンは、コーティング剤が多いこと。

ビーカーリーは、補修成分が多いこと。

 

面白いなー!

美容師的には、結構納得できるんですよ。

どちらも大敵なのは乾燥です!

そこをケアした上での補修かコーティングか?

AVEDAは、とても良いメーカーだと思いました。

 

パーマをかけた髪は、髪の表面よりも内側がダメージしてしまいます。

内側がダメージすれば、髪の中で水が引っかかる網が粗くなってしまいます。

網を細かく編み直して、水を入れ込む作業が必要になるんです。

 

それをちゃんと計算して作ってくれている。

パーマをかけたお客さん全員に使って欲しい。

そんなシャンプーです。

 

使った方が良い方!

  • パーマをかけている方
  • くせ毛を綺麗に出したい方

 

使わない方が良い方!

  • ストレートにしたい方

 

せっかくかけたパーマが自分でセットするのが難しいかた。

私自身も、「なぜ上手くいかないのか?」理屈がわからなかった時は、上手くできませんでした。

 

パーマのセットが上手くできない理由は乾燥です。

その乾燥を防ぐために。

  1. 髪を濡らして、半乾きの状態でスタイリングをつける。
  2. スタイリング剤はパーマ用の物を選ぶ。(保湿成分の量が多いです。)
  3. できればムースを選ぶ。
  4. できる限り自然乾燥
  5. シャンプー、コンディショナーを変える

 

上記の優先順位であなたのスタイリング方法を変えてみてください。

①と②は必須です。

そうすれば、どんな不器用さんでも上手にセットできます。

 

次回は、ビーカーリーシリーズのもう一つのシャンプー。

co-washについて書いていきます。

今回も長文乱文にお付き合いいただき本当にありがとうございました。

ではまた!

勝手に成分解析〜プラマサナ クレンザー〜

こんにちは!

今回は、「プラマサナ」というシリーズのクレンザーを成分分析していきたいと思っております。

 

まずは、どんな目的で作られたものなのかを説明すると・・・・

  • 頭皮の肌荒れを起こしやすい方、フケが出やすい方の頭皮環境を良くする
  • 頭皮の毛穴に詰まった皮脂を取り除くため

に作られたものです。

 

これを使うことによって予想できる効果

  • 頭皮のイヤ〜な匂いが減る
  • 頭皮のベタつきがおさまる
  • 頭皮用クレンザーは洗浄成分が強すぎて必要な皮脂を取りすぎる

ことが予想できますが・・・実際はどうか調べていきましょう!

成分表示

ココイルメチルタウリンNA・グリセリン・ラウラミドプロピルベタイン・ボリソルレート20・塩化NA・乳酸桿菌発酵液・ババスアミドプロピルベタイン・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・グルコン酸NA・カフェイン・乳酸メルチル・キサンタンガム・テリハボク種子油・トコフェロール・BG・カラフトコンブエキス・硫酸亜鉛・ピリドキシンHCI・フェノキシエタノール・安息香酸NA

 

洗浄成分(一番重要。汚れを取る効果もあるが、強すぎると髪と肌を痛める)

  • ココイルメチルタウリンNA・・・・刺激1洗浄力1 高級洗浄成分、フケ予防効果
  • ラウラミドプロピルベタイン・・・・刺激1洗浄力1
  • 乳酸桿菌発酵液・・・・これがこのクレンザーの核心部分ですね!説明は後ほど・・
  • ババスアミドプロピルベタイン・・・・刺激1洗浄力1

 

有効成分(髪と頭皮を補修したりコーティングする成分)

  • ココイルメチルタウリンNA・・・・洗浄成分と同時にフケ予防効果もある!
  • グリセリン・・・・保湿成分
  • 乳酸桿菌発酵液・・・・これがこのクレンザーの核心部分ですね!説明は後ほど・・
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・・・・手触り、クシ通りを良くする
  • カフェイン・・・・皮膚収斂作用、皮膚細胞活性
  • 乳酸メルチル・・・育毛作用
  • キサンタンガム・・・頭皮の匂い予防
  • テリハボク種子油・・・頭皮の保湿、抗菌、抗炎症

 

気にしなくて良い成分

  • ボリソルレート20・・・・乳化剤
  • 塩化NA・・・・塩です
  • グルコン酸NA・・・防腐剤
  • トコフェロール・・・酸化防止、ビタミンEのこと
  • BG・カラフトコンブエキス・硫酸亜鉛・ピリドキシンHCI・フェノキシエタノール・安息香酸NA

・・・今回は成分数が少なかった為気にしなくても良いものが沢山入りました。割愛させていただきます。

感想

・・・僕はずっとこれを使い続けます!!・・・

頭皮に対しては最高です!

育毛成分は目立つ量が入っていませんが、まさに頭皮の健康の為だけに作られています。

 

毎日使っても全く問題ない洗浄成分の優しさ!

頭皮を正常な弱酸性に導く力!

頭皮の匂いを抑えてくれる成分!

どれをとっても僕の理想!

初恋に似たトキメキです!!

 

使ったほうが良い方

頭皮がすでにかなりの炎症を起こしている方以外の全員!

 

使わない方が良い方

頭皮がすでにかなりの炎症を起こしている方

 

注意

すごく褒めたので、あえて悪く言います。

このクレンザーは、あなたの髪に対して良いことも悪いことも何もありません。

(実際には、長く使用すれば頭皮がズ〜っと健康なので若々しい綺麗な髪が生え続けますが、本当に長く使い続ければです。)

だから、あなたが髪に対しても良い効果を出したければ

  • このクレンザーを週2回ぐらい使い
  • クレンザーと他のシャンプーを併用する

これオススメです!

併用しても全く問題ない優しさです。

 

さてさて、この僕の恋したプラマサナちゃんですが、

洗浄成分が弱い!なのにクレンザー?

という疑問が浮かびます。

全て解決するのが乳酸桿菌発酵液です。

 

乳酸桿菌発酵液

乳酸桿菌を発酵させた液っていうことですね。

何が入っているかは具体的には解らない・・・・っていうことです。

 

もし・・・その中に乳酸桿菌が入っていたら・・・・

毛穴の汚れをしっかり吸着してくれます。

しかも頭皮にはノーダメージで発酵液なので、頭皮を弱酸性に導き、悪臭を防ぎ、保湿してくれる。

 

もし、・・・その中に乳酸桿菌が入っていなかったら・・・・

お肌に超優しいシャンプーで、頭皮を弱酸性に導き、悪臭を防ぎ、保湿してくれる。

 

どっちにしてもデメリットは何もなし!

 

使っている体感と、カメラチェックではしっかりと毛穴の皮脂よごれは取れていますので洗浄力が弱すぎると思ったことは一度もありません。

しかも、油の多い男性の僕がそう感じるのだから女性なら尚更でしょう!

 

ということで、興奮して今回はすごく長くなってしまいました。

このぐらいで終わりにしますが、、、超オススメです!

勝手に成分分析〜カラーコンサーブ・シャンプー〜

こんにちは。

今回は、カラーコンサーブシリーズのシャンプー を勝手に成分分析していきます。

 

カラーの退色を防ぐためにつくられたこのシリーズですが、何が優れているのか?

どうして色抜けを防ぐのか?

よく分からない所がありますよね!

疑りぶかく、オタク気質な僕としては調べずには要られません!

では、行ってみましょう。

 

成分表示

ラウリル硫酸アンモニウム・スルホコハク酸ラウレス2NA・プロパンジオール・ラウラミドプロピルベタイン・ケイヒ酸アミドプロピルトリモニウムクロリド・クオタニウムー80・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ステアリン酸グリコール・ヤシ油脂肪酸PEG-7ジメチコン・ババスアミドプロピルベタイン・乳酸・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・塩化NA・グルコン酸NA・ジステアリン酸グリコール・トコフェロール・ぽリクオタリウムー7・サリチル酸アミル・ケイヒ酸イソアミル・テトラへキシルデカン酸アスコルピル・他13種

 

今回もながーーーい!

しかも初めて見る物おおーーーーい!

ちょっとメンドくさくなって来ましたが、頑張ります!!

 

洗浄成分

  • ラウリル硫酸アンモニウム・・・・洗浄力3 刺激3
  • スルホコハク酸ラウレス2NA・・・・洗浄力3 刺激3
  • ラウラミドプロピルベタイン・・・・洗浄力2 刺激1 毛髪補習効果アリ
  • ババスアミドプロピルベタイン・・・・洗浄力1 刺激1

 

有効成分

  • プロパンジオール・・・・保湿、抗菌効果、肌と髪がツルツルツヤツヤになる
  • ケイヒ酸アミドプロピルトリモニウムクロリド・・・・手触りをよくする
  • クオタニウムー80・・・・手触りをよくする
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン・・・・静電気防止、髪をしなやかにする
  • ステアリン酸グリコール・・・・髪のツヤを増す
  • 乳酸・・・・保湿作用、抗菌効果(量が多ければ超優秀な洗浄剤ですが、11番目の表示なので、洗浄力はないのではと思っています)
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・・・・帯電防止、髪をしなやかにする
  • ぽリクオタリウムー7・・・・コンディショニング剤、しなやかさアップ
  • ケイヒ酸イソアミル・・・・退色防止
  • テトラへキシルデカン酸アスコルピル・・・・ビタミンC誘導体、抗酸化、新陳代謝促進

 

気にしなくてよい成分

  • ヤシ油脂肪酸PEG-7ジメチコン・・・・増粘剤
  • 塩化NA・・・・塩
  • グルコン酸NA・・・・基剤
  • ジステアリン酸グリコール・・・・光沢剤
  • トコフェロール・・・・酸化防止(別名:ビタミンE )
  • サリチル酸アミル・・・・香料

 

感想

洗浄力は弱いと思うのだが、、、うーむ難しいですね。

洗浄成分的にはそんなに魅力的では無いように見えますが・・・

3番目のプロパンジオールがこの位置にあるのが凄いと思います。

化粧品などにも使われる優れた髪とお肌の保湿剤です。

これでプラスマイナスでプラスになるかも。

 

あとは、他のシャンプーよりも有効成分の数が多いのが特徴ですね!

髪をツヤツヤに見せる成分としなやかにするコンディショニング成分が多いのが目立ちます。

 

退色防止成分は思ったより後ろでした。

シャンプー単品での退色防止は弱いかも、、、

 

ビタミンC誘導体が入っているシャンプーって珍しいと思います!

紫外線対策で髪と頭皮を守ってくれる事に期待が持てます。

これはワクワクしますね!!

 

前回のスムースインフュージョンもそうでしたが、やはりかなり個性的なシャンプー です!僕的には相当おもしろい!!興奮してきました!!!

 

使ったほうが良い方

  • 日中外出が多い方。(日中うけた紫外線の頭皮ダメージをビタミンC誘導体が補修してくれる事に期待!)
  • 髪をツヤっと見せたいかた。(ツヤ見せ成分の配合量が多いです)

 

使わない方が良いかた。

  • 特にいないです。
  • なので、皆さんダメージレメディーと迷う方が多いので、比較して書いていきましょう!

 

ダメージレメディーとカラーコンサーブで迷った時に!

1・日中外に出て紫外線を浴びる時間が長い→カラーコンサーブ

2・髪の引っ掛かりを良くしたい→ダメージレメディー

3・とにかくツヤが欲しい→カラーコンサーブ

4・髪の手触りを良くしたい→ダメージレメディー

5・コレでもまだ迷った場合は香りで決めましょう!→AVEDA製品は天然のアロマを使用しています。自分が好きな香を選ぶことであなたの脳に直接働きかけホルモンバランスや体温、睡眠、免疫機能をよくしてくれます。

 

すみません。

本当は、さらっとカラーコンサーブの説明をしようと思ったのですが・・・・

上のアンダーラインの部分、騙されやすいことが多いので、次回ちゃんと単独企画としてブログを書きます。

本当に色んなブログがざっくりとしか説明していない為、良い香りだったら何でも効果があると思われがちなので・・・

 

今回は、こんな感じで終了です!

また次回お会いしましょう!

長文乱文失礼しました!