年齢による髪質の変化

年齢によって髪は変化していきます。

クセが強くなったり、髪が細くなったり。今まで自分にぴったりだと思っていたヘアケア製品も、数年後にはしっくりこなくなります。僕は、季節によってもヘアケア製品は変えるべきだと思っているぐらいヘアケア製品による髪の治り方、キマり方は全く違ってしまいます!

今回からしばらくの間は、年代別による髪のざっくりとした特徴と髪質別のおすすめAVEDA製品をご案内していきましょう。

まずは、ざっくり年代別に髪がどのように変化していくのかですが。

〜30歳ぐらいまで

髪は元気な状態です。つまりはもともと持っている地毛の性質が強く出る時期です。多くの髪のお悩みは

  • クセ
  • 毛量
  • ケミカルダメージ

この3点がほとんどです。

30〜45歳ぐらいまで

髪質が変化していきます。白髪も増えますし太さも細くなってきます。中でも一番大きな変化は髪の保湿機能の衰えだと感じています。「昔はもっと艶っぽかったはずなのに?」と感じている方も多いのではないでしょうか?このぐらいの年代からドラックストアなどで購入できる市販のシャンプーでは髪の美しさは保てなくなってきます。多くの髪のお悩みが

  • 髪のダメージ
  • 髪の乾燥
  • ダメージと乾燥、両方

その原因の多くが複数回のカラーリングによるケミカルダメージです。美容師としてお客様に今の悩みを聞いた時に一番多く聞くのが「白髪」になる年代です。

45歳ぐらいから上の年代

さらに髪が変化していきます。髪がさらに細くなり、髪1本1本に細かいウネリが発生します。毛先は髪が細くなった事により軽くなるため広がりますが、根元の立ち上がりがなくなってトップにボリュームが出なくなります。髪の悩みに

  • 根元のボリューム感
  • 毛先のパサつき、広がり

が多くなってきます。今の髪質を悪くさせないためのエイジングケア、頭皮ケアが本格的に必要になってきます。なおエイジングケアに関しては、「若返らせる」のではなく「現状維持」が最高到達点だと考えています。早めにやればやるほど良いでしょう

ざっくり年代別に髪の変化を説明してきました。次回から各年代、各髪質に合わせたオススメのヘアケア製品をご案内していきます!